海外 カジノ オンライン

海外 カジノ オンライン

さあ国際会議の始まりだ

*** さっそく会議が始まるが、実際のところ、条約の内容などは事前に各国間で確認了承ずみだ

 したがって、後は元首や代表による顔を合わせての最終確認と、署名捺印がメインとなる

 細かい課題や、二国間の問題については、会議の後、事務方や外交官同士で話し合ってもらえば良い

必要なら俺が調整役になっても構わないし

 調印式はあっけないほどすぐに終わったが、これはひとえに、実現まで漕ぎ着けてくれたアルカリーゼ宰相ベルゼさんの尽力があってこそだ

 次から次へと増える加盟国との調整、意見の擦り合わせ、想像を絶する苦労があったことだろう

あなたも好きかも:あべみほ パチスロ
感極まって涙する彼の姿を見ると嫌でも理解できてしまう

あなたも好きかも:アルティメットボーナス スロット
 今回の条約は、俺が丸投げしてしまったようなものだから、彼には感謝しかない

俺にできることなら、なるべく叶えてあげようと心に誓う

 また、この条約の調印式には、誓約魔法が使用されているので、国王が変わったとしても、国が無くなるまでは永続的に効果は続く意外とガチのヤツだ

 満場の拍手の中で、ベルゼさんが立ち上がり頭を下げる

 このまま閉会かと思いきや、拍手がなり止むのを待って、アルカリーゼ国王レイ=アルカリーゼが立ち上がり口を開く

あなたも好きかも:スロット ジャックイン
「さて、皆さん、本日の会議におけるもう一つの議題について決をとりたいと思う」 ん!? もう一つの議題? そんなこと聞いてないぞ? だけど、各国首脳たちは、当たり前のように首肯するだけで、誰も質問すらしない

 もしかして、知らないの俺だけ? まあずっと飛び回っていたし、おそらく直接関係ない案件なのだろう

「では、カケルくんを一代限りのカケルノ連邦帝国皇帝として迎えたいと思う

賛成の者は起立を!!」 ……は!? 唖然とする俺の目の前で各国の代表が一斉に立ち上がってゆく

「うむ、それでは満場一致でカケルくんをカケルノ連邦帝国皇帝とする!!」 なんだかよくわからないうちに承認されてしまった