アカギ スロット 万枚

アカギ スロット 万枚

「お、思った以上に、速くないか?」「……私もちょっと、そう思いました…………あっ⁉︎ 体重移動で方向転換をするって、伝えてませんよね⁉︎ 急に曲がるのも無理なので、ゆっくり……あっ⁉︎」 言ったそばから遠方の一団が曲がりそこね、派手に振り飛ばされる光景に、息を飲む

あなたも好きかも:ファイアー フェニックス
 慌てるサヤの横を、ウォルテールがバッと走り抜け、橇に向かったが、彼が到着するより先にむくりと身を起こす二人の影

あなたも好きかも:スロット 忍魂
……良かった、無事である様子だ

 そして、また橇に戻る

 そうしてそんな光景を何度か繰り返した後…………

「これは、凄く良い、と思う!」 興奮したイェーナが、とても楽しそうに騎手となって戻ってきた

アイルと交代したらしい

「乗り方のコツはだいたい掴んだ

今から伝える

騎手はサヤか?」「いや、俺が乗るんだ

俺が行かないといけないから」「えっ⁉︎ あの……わ、私は、行ってはいけない……の?」 俺の返事に、サヤが慌てて声を上げ、俺の表情に、声をどんどん、小さくしていく……

 見ていると結構危険なようだし、そもそも寒空の下を長時間寒風に晒されて移動することになるわけで、今のサヤには遠慮してもらいたい