勝てる ギャンブル ランキング

勝てる ギャンブル ランキング

だが康太が何を伝えたいのかを理解していないことを察するとゆっくり、大きくうなずいて見せる

「・・・肯定しろ・・・?受け入れろってことか?」康太の言葉にデビットは再び大きくうなずく

あなたも好きかも:ポケモン スロット ファイアレッド
その時点で康太はようやくデビットが言いたいことを理解できた

「・・・自分たちのことは気にしないで、俺自身の幸せを大事にしろっていうことか?随分と神父らしいこと言うんだな」康太の言葉にデビットはもう何も答えなかった

そしてもう限界が来たのか、先ほどまでのはっきりとした輪郭ではなく、いつものような朧げな人の姿へと変わってしまう

もうこれ以上康太に何かを伝えることはできなさそうだった

少なくとも今日、この時間はすでにデビットは頑張りすぎたのだ

「お前が見せたくせに・・・それで気にすんなっていうのは無責任だろ・・・勝手すぎるだろ・・・ったく・・・お前本当に神父かよ」神父といっても、死の間際に世界や神々を呪った神父だ

もはや正しい神父の考えがデビットの中に残っているのかも怪しいところである

あなたも好きかも:まどマギ スロット イベント
だが今デビットは、康太が幸せになるための未来を指し示したのだ

それはきっとデビットの中にある神父としての最後の良心がそうさせたのだろうか

あなたも好きかも:麻雀ゲーム プロ雀士
「お前らが関係ないっていうのはわかってるんだよ

頭の中ではわかってる

文はいいやつだし俺好みだし、たぶん普通に好きになってても不思議じゃないんだ・・・」まっすぐに立ったデビットに対し、体だけを起こし首を垂れるようにして独白する康太の姿は、まるで懺悔をしているようだった

自分が何を考えているのか、何を思っているのか、口に出すことで康太はそれらを強く自覚しつつあった

「でもさ・・・やっぱ思っちゃうんだよ・・・あぁやって死んでいった人たちがいた・・・その人たちの絶望を知っちまった・・・だから踏ん切りがつかないんだよ・・・俺はあの人たちを差し置いて幸せになっていいのかって」それは康太が抱える根本的疑問だ

文に散々諭され、最近は意識しなくとも物事を楽しむことができるようになってきた