スロット 適当打ち 機種

スロット 適当打ち 機種

「あはっ、あははははっ!」 彼女は自らの未練を理解し――その未練を笑っている

 いや、『笑っている』と表現するには歪すぎる

 何かを見下げ果て、心の底から『嗤っている』

「ノスフィー……? 本当に、いま、未練がなくなったのか……?」 半ば確信はあったが、恐る恐ると聞く

あなたも好きかも:6月6日 イベント スロット
「あははっ

あなたも好きかも:ゆいぎゆうなは勇者である スロット
ええ、全てではありませんが、そのようです

あなたも好きかも:Viking Clash
そして、ようやく見えてきました

わたくしの本当の未練、その真(まこと)の『正体』が」 ノスフィーは晴れ晴れとした顔で、頷き返す

 ――願いを否定したのに? そう僕が思うのは当然の流れだった

「な、なんで……、このタイミングで……」「そんなはずないと思いたかったのですが……

まあ、所詮、こんなものでしょう……」 しみじみと一人でノスフィーは頷き続ける

 しかし、僕は頷くことができない

 ノスフィーは僕を襲ったものの、まだ未遂だ

 間違いを犯せてはいない