スロット フィーバークィーン

スロット フィーバークィーン

あなたも好きかも:東方 スロット アプリ
「こ、この魔法……、くっ……」 なんとか意識を繋ぎとめようと、自ら声を出して気付けを行う

 その私を慰めるように、頭上から説明が投げかけられる

「おまえが知らなくても仕方ない

俺を最後に失伝した古代魔法だからな」 セルドラが傍に立つ

あなたも好きかも:ルーレット 勝ち方 ヨーロピアン
 顔だけ動かして確認するが、もう出血は止まって、回復し切っている

 とはいえ、どこか疲れた様子の顔で、私を見下ろしつつ話す

あなたも好きかも:止め打ち パチンコ
「正確には、神殺しの教育過程で教わった『竜殺しの魔法』に、異世界技術の放射線治療を組み込み、独自に改良した『遺伝子回復(・・)魔法』か

……地上(うえ)で、軽いバージョンの《血脈希釈(チェンジロック)》ってやつが広まってたろ? あれの大本となる魔法だな」 勝利を確信したのだろう

 セルドラは戦意を霧散させて、似合わない難しい単語を並べる

 医者のように優しく、いまの《竜殺しの竜刃(ドラゴンジェノサイズ・アーダー)》という物騒な名前の魔法が、最先端治療だったと伝えてくる

「このままだと、どっちかが『魔人』を超えて、『完全竜化』するのは目に見えていたからな

その前に、使わせてもらった

反則で、悪いな

……そういう辛そうな未来は、こっちの『計画』だと、全部なしなんだ

くははっ」 微笑する姿は、少し前の何でも私に教えてくれる優しいセルドラだ

 魔法《竜殺しの竜刃(ドラゴンジェノサイズ・アーダー)》を放ってから、急に彼は落ち着いていた

 だが、一時的なものでしかないのは、明らかだ