バカラ 絞り 意味

バカラ 絞り 意味

これは彼女が前の世界にいた頃の癖で、上質な量り売りのハムをご褒美で買った時に、このように少しずつ食べていたのだそうだ

そうなったのは、お気に入りのハムを二枚と一杯の葡萄酒で過ごした祝祭の夜があったからであるらしい

『あのクリスマスは貧乏でした

…………まさか、水道管が老朽化で壊れるなんて

新年も食べるものが殆どありませんでしたが、お庭の花を一輪花瓶に生けて、節約料理で乗り切ったのです

それでも欲深い人間は、クリスマスの前夜祭と当日には、五枚の量り売りハムを買ってしまったのでした……』その五枚のハムで、食卓用のパンが一斤買えた値段だったのだそうだ

けれども彼女は仕事場で貰った一杯用の葡萄酒の瓶を抱えていた帰り道で、満腹になることより心を豊かにすることを選んでしまった

あなたも好きかも:神戸 市 パチンコ 優良 店
『クリスマスは、こちらで言うところのイブメリアです

お腹がいっぱいでもお祝いが出来ない惨めさで悲しくなるより、腹ペコだけど私は上等なハムを食べたのだ!という満足感を得ることにしたのです』その日以来ネアは、朝昼晩の食卓の席以外で美味しいハムを食べる時には、少しずつ味わって大切に食べるようになってしまったらしい

あなたも好きかも:ビタ押し スロット台
特に酒席では、彼女の食べ方でいても不自然ではない為、よくそうしている姿を見かけた

しかしそうすると、その一枚でいいのかと思われてしまうのか大皿のハムが次々となくなってしまうことがある

そんな時にネアはとても悲しそうにしているので、ハムが出ると何枚か取り皿に避難させておいてやるようになった

強欲だと口にはしているものの、ネアは目の前の料理を予め全部取り皿に乗せてしまうことはない

また、誰かと分け合うべきものを、自分だけが独り占めすることもない

エーダリアと鶏肉の皮の部分の奪い合いをしても、その良いとされた部位が一つきりではないからこそ、ネアは安心して奪い合っているようだ

彼女の取り皿の上は、山盛りにされていてもとても綺麗におさまっていた

それはいつも食べられるだけの少しずつのもの、或いは食べると決めた多くのものだ

決して食べ物を残さないのは、そんな日々の名残りなのだろうか