ゴジラ スロット

ゴジラ スロット

攻撃の技術以上に体に染みついているはずの回避が、まさか暴走しているときに発揮されないとは思ってもみなかったのである

「でも、攻撃は体が覚えてるのに回避は覚えてないなんてありえますかね?普通に考えて回避の方が覚えてると思うんですけど」「だがこいつは私の攻撃を全く避けようともしなかったぞ?その結果はすでに見た」「確かに、明らかによける気がないという様子だったの・・・あれでは到底実戦では使えまいて・・・」小百合の攻撃をよけず、攻撃を受けながらも攻撃しようとしてくる康太を小百合は何度も見てきた

だが文からすれば信じられないことだった

小百合の攻撃を何度も防ぎ、回避することに集中して訓練していた康太が、暴走してその方法を忘れたなどと考えられなかったのである

どうしたものかと三人が悩んでいると、ようやく息を落ち着かせた康太がゆっくりと立ち上がる

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブン 2 ゾーン
「師匠・・・お願いがあります」「なんだ、新しい魔術でも教えろというのか?」「違います、刀を使ってもらえますか?」その言葉に、小百合がわずかに目を見開く

あなたも好きかも:幼児 ゲーム機
そしてその意味を理解して目を細め康太をにらみつける

あなたも好きかも:ベントー スロット 音量調整
その視線にはわずかに殺気すら込められていた

「どういう意味か分かっているのか?言っておくが、私は振った刀を途中で止められるほど器用ではないぞ

お前ほどの人間の相手をしている間は特にな」小百合の刀の技術は高い

技術がかけ離れた相手であれば、避けることができないという状態を理解してその刀を止めることもできるだろう

だが康太の技術は、小百合に追いつきつつある

特に回避に関しては小百合に近いほどの能力があるのだ

そんな康太相手に、殺気を込めた、殺すつもりの攻撃をして途中で止められる自信は小百合にはなかった

「えっと・・・康太、何するつもり?」「単純に、殴って蹴られてじゃ危機意識が低いから避けないってだけだろ

相手が殺すつもりの攻撃でどう反応するか、それを確認する」康太は立ち上がって準備運動を始めていた