パチンコ 一分間

パチンコ 一分間

みんな笑ってて、本当に差別なんてものがあるとは思えないくらいだ

そんな中で僕達も一緒にご飯を食べて、そしてみんなの出発に合わせて外に出る

あなたも好きかも:パチンコ 9の付く日 大阪
茹でた芋と塩漬けの瓜、それに水筒を貰ってちょっとしたピクニック気分だ

「それじゃあ、夕食は一緒にね

あなたも好きかも:出雲 市 パチンコ
ちゃんと無事に帰って来るんだよ」「はい

アルコさんも、怪我してるんだから無茶はしないでくださいね」 行ってきます

と、みんな揃ってどこかへ向かい始めた

けれど……うん? 同じ工場で働いているわけじゃない……んだよね? だとしたら、全員が全員同じ方向ってのは変じゃない? 近くの工場で働いている……ということだったけど、それでも工場なんてそこら中にあるわけで……「……っ

この音……アギト、ちょっと隠れるわよ」「え? えっ? な、なんだよ⁈」 いいから

と、ミラは僕の手を引っ張って門の影に身を潜めた

そしてみんなの行く先をじーっと見つめ、誰にもバレない様に尾行を開始する

おいおい、ここのみんなを尾けても仕方ないだろ

「なあ、ミラ