ハイスクール パチンコ 据え置き

ハイスクール パチンコ 据え置き

「どうぞ、お出になってください」 パスカルが手を差し出し、私とフレデリカは頷いて、ドロシーを見る

「え、私から?」「そうだよ

主賓だもの」 そんなぁ、みたいな困った顔をしているドロシーが可愛い

あなたも好きかも:big dream2 パチンコ
「わかったわ」 しばらくの逡巡の後、ドロシーは意を決して外に出る

パスカルがドロシーの手を取って、馬車から降ろしてくれた

 続いてフレデリカも優雅に手を取られて、ふわりと降り立った

あなたも好きかも:スロット 朝一 狙い目 機種
「さ、魔術師殿も」 私もドロシーのように意を決して馬車から降りる

手を取ったパスカルは、私の見た目との体重のギャップに驚いてバランスを崩した

「むうっ!」 予想通りの反応に、もう重力任せに倒れ込もうとしたけれど、せっかくの新品ローブが汚れてしまうので踏ん張って着地する

「ぬううっ?」 私が踏ん張った反動で、パスカルの体勢が崩れた

あなたも好きかも:ツクールmv スロット プラグイン
今度は私がそれを支えようとしあけれども、勢いは止まらない

力を逃がすために、手を取ったまま、パスカルを持ち上げる

「おっ?」「おお~」 正面を見ると、数人の騎士団員と、オーガスタ姫とヴェロニカ姫が、宙を飛ぶパスカルを見上げていた

 私の頭の上を半回転させて、スタッ、と綺麗に着地したパスカルは、口をポカン、と開けていたけども、すぐにきりっと口を結び、私から手を離した

「いやあ、パスカル騎士団長、軽業もお見事です」 とりあえず拍手しておく

と、ギャラリー? からも拍手が起こった

「い、いやぁ」 瞬時に照れ隠しに頭を掻くパスカルに苦笑を向ける

パスカルは同じように苦笑を返してきた

「魔術師殿、今のは魔法か?」 いやあ、私の体重が重かったから、力を入れたパスカルの方が飛んでいった、ただの物理法則じゃないかな