スロット 子役

スロット 子役

 国王である以上、そうそう簡単に心情を顔に出したりはしないが、それでも一言いいたいことはある

 なにをやっているんだあの人(父上)は、と

あなたも好きかも:パチンコ st 略
 もっとも、何か言いたげに自分を見てくる部下に、トワは首を左右に振った

 言葉にすれば、自分は何も知らないといったところだが、それを見た部下はあからさまにため息を吐いた

 この部下もトワと同様に、セウリの森で起こった奇跡は、現人神が起こしたのではないかと推測していたのだ

 というよりも、噂を聞いた官僚たちが右往左往することになったことのほとんどは、現人神が起こしたのではないかという問い合わせの対応の為だった

あなたも好きかも:パチンコ 北斗の拳6 天翔百裂 保留
 ラゼクアマミヤとしても実際のところは知らないので、「うちは何も知らない」と返すだけなのだが、その量が量だけに混乱する羽目になっている

 この時点で答えを持っていなかったトワの答えに、報告をしに来たその部下は、肩を落として自分の持ち場へと帰るのであった

 一方、その報告を受けたトワは、数日たってから管理層を訪ねていた

「あら、兄上

珍しいですね

何かありましたか?」 転移門を使うなりミアがそう言ってきて、トワは若干驚きの表情を浮かべた

父上にちょっとした質問があったから来たんだけれど・・・・・・ミアはこんな時間に何処に行くんだい?」 父上に質問と言ったときに、若干ミアの目が揺らいだのに気付いたトワだったが、それには気づかなかったふりをして問いかけた

 トワは、既に夕食も終えて、ちょっとした合間に管理層に来ていたので、ミアがこんな時間に何処に行くのかが気になったのだ

「え、えーと・・・・・」 視線をうろつかせたミアに、トワはジト目をむける

「今のうちに言っておけば、父上たちにはしばらく黙っておくからさっさと言いなさい」「うう・・・・・・

ちょっと、リトルアマミヤまで」 観念したようにそう白状したミアに、トワはため息を吐いた

 最近ミアがリトルアマミヤに入りびたりになりすぎて、寝食も忘れて管理を行っているために、管理層にいるメンバー全員からミアにちょっとした制限が加えられていた

 そのことを知っていたトワは、それでもミアを止めようとはせずに、もう一度ため息を吐いた