スロット 初代北斗

スロット 初代北斗

行かせなければ良かった

いや、それは綺麗事だ

あの時のネアには、そんな確信を得るだけの鋭敏さや賢さなどなく、ただ漠然とした不安を抱えていただけ

(そしてどこかで、私も父のように、ジーク・バレットを信じてしまったのだ………)がやがやと賑やかなパーティー会場で、しなやかな漆黒のスリーピース姿に真っ白なタイをしめて、片手で前髪を掻き上げて微笑む人の横顔を見ている

あなたも好きかも:パチンコ 大当たり中 離席
力と自信に溢れ、それでもどこか寄る辺ない寂しい瞳をしたひとの唇の端が持ち上がり、きゅっと微笑みを深くするその横顔を見たのが、ネアがジークを初めて見た時のことだった

その美しい男が半年もしない内に自分の最後の家族を殺すのだと知る訳もなく、ネアはただ、魅力的な人だなと感心し、その場を立ち去った

あなたも好きかも:バカラ 社長
あの日に見た優雅さと美しさを勝手に盲信し、彼のような男性であれば紳士的に話し合いに応じるだろうと考えたのは、あの夜に生まれた幼い憧れのようなものの所為だったのかもしれない

あなたも好きかも:唐津市 パチンコ 店
「………っ、」バタンと車のドアが閉まる音がして、ネアはぎくりと体を竦ませた

我に返って暗い劇場を見回し、自分が何をするべきだったのかを思い出す

わかっている、これは夢だ

けれどもネアには、やらなければならないことがあった筈なのに

何とか重たい手を持ち上げると、力なく毛布を落とした指先ごしに、きらりと光る雪結晶のシャンデリアが見えた

また頑張って目を開ければ、ここはリーエンベルクの客間の寝室で、こちらに気付いたのかアルテアが振り返る

「…………どうした?」寝台の端に腰掛け、ネアの伸ばした手を取ってくれたアルテアを、ネアはもう片方の手も伸ばしてぎゅうと掴む

「……………ネア?」あまり呼ばないその名前を呼ばれ、赤紫色の瞳が困惑に瞠られた