バカラ 店

バカラ 店

どう? 憎いだろ? ……負けたら学園《ここ》から出て行けって言ったよな? ……出ていくさ

ただ、どう出ていくかはキミらに関係ないはずだ

違うかい?」 軽く首を傾げた後、糸原はうっすらと笑みを浮かべたまま青空を仰いだ

「……生きていくことがこんなに面倒臭いことだなんて、な

……こんなことなら、もっと早くに……」 呟く声は次第に掠れて誰の耳にも届かなかったが、空を見上げる糸原の姿に優樹は悲しげに目を見開くと、ダッと反町たちの傍まで駆け出し、真琴の隣で足を止めた

あなたも好きかも:パチンコ 辛い
「先生!! ……学園は好きですか!?」 ミニロボをギュッと両腕で抱いたまま軽く身を乗り出して悲痛な表情で質問する

突然切り出された大声に、みんなの視線が優樹に集まった

――だが、糸原は空を見上げたまま答えない

 優樹はグッと奥歯を噛み締め、話を聞いているかわからない糸原に向かって必死の形相で続けた

「私はっ……嫌いです!! こんな所っ……大っ嫌いです!!」 強く言い切る優樹に、隣に立つ真琴は見下ろしキョトンとする

反町たちも同じだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム ラグとは
 「何を言っているんだ?」と疑うような彼らの視線を浴び、優樹はそれでも糸原に向かって声を上げた

「好きになんかなれるわけないですこんな所!! どうして好きになれるんですかこんな所!! こんな……! こんな人を傷付けてばかりの場所なんて好きになれるわけないんです!! そうでしょ!?」 悲しげに問い掛けても、糸原は空を見上げたまま動かない――

「でもっ……来なくちゃいけないかった!! ……勉強がしたいからじゃない!! 学生だからじゃない!! ここの生徒だからじゃない!! ……嫌でも来なくちゃいけない理由があったんです!!」 声を張り上げたまま訴える優樹の背中をじっと見ていた原田は、戸惑い見守るD組の生徒、そして見知らぬ生徒たちを振り返り見回すと、「……来なさい」と、静かに彼らを導き出す

促された生徒たちは怪訝げだったが、原田に押されるまま渋々屋上から出た

ただ、川北は原田に手招きされても嫌がって首を振り、タタッと走って白川と椎名の間に入り込んでしまった

背を向けて無視を気取られて原田は顔をしかめたが、ため息を吐くと生徒たちを追って屋上を後にする

 そんな気配になど気を向ける余裕のない優樹は、ミニロボを強く抱いて一瞬悲しげに俯き、顔を上げた