海外旅行 カジノ 税金

海外旅行 カジノ 税金

炊飯の煙なども立ち上っているがまだ昼前なのに、活気が全くない

あなたも好きかも:パチスロ アルペジオ 評価
岩陰に隠れて、眺めていると体長五メートルくらいの小型の地竜がその集落に歩いてきて「オオオオオオオオォオオオン!」と大きな鳴き声を上げると、建物の中から十数人の腰巻だけを身に着けた薄汚れて痩せた若い男女が出てきて地竜にどこかへと連れていかれた

あなたも好きかも:ユニコーン パチンコ ハマり
老人が「……あれは、昼の拳闘大会をやらされるものたちです」「拳闘大会……」嫌な予感しかしない

「竜たちに囲まれて ランダムに選ばれた者対戦表で、殴り合いをするのです

 一番強いものは、一ワンハー(月)労働を免除されて モグレムの傍につきます」「えっ、男も女もでゲスか?」「手を抜くと、殺されるので、みんな必死に戦います」「……酷いでゲスな」胸元からドルナジャが「ね?言ったでしょ?殺した方がいいんだって」「勝ち上がったものも、傍についたものも、解放されるまで 様々な悲惨な芸や、こびへつらいをモグレムに 強要されるので、ある意味そちらの方が 辛いかもしれません」「どんな芸か訊かないのー?」とドルナジャが言ってきて、すでに気分が悪くなりつつあるので「いや、いいでゲス」即座に断ると「あなたの知ってる人で言ったら、そうねえ クラーゴン君が、おったてる感じかもしれないわよ?」「そういう加虐趣味の人らが喜ぶ感じなんでゲスな……」もう絶対に、一生聞きたくない内容ということが確定した

俺は老人を背負って、ボロボロの建物群の陰に隠れながら地竜から連れていかれた人々を追う

見つからないように近くの高所から連行されている人々を見下ろしながらしばらく進むと、平べったい岩肌が大きなクレーターのようにくり抜かれた場所の周囲を数百匹の竜たちが取り囲んでいてその人垣ならぬ竜垣の中へと、人々は吸い込まれていった

俺の背中から老人が「あの中で大会が始まります……命を落とすものも居ます」と悲惨な声で言ってくる

俺はもう心に決めた

これ以上取り返しのつかないことになる前にこの手でモグレムを殺そう

「ふっふっふ

あなたも好きかも:スロット k 1
英雄の顔になってきましたねぇ

 おじいさん、最近はモグレムはこの大会に顔を出さないでしょ?」「……はい……飽きているようで……あの岩山の向こうの巣で お気に入りの数名の人間を弄んでいます」「……おじいさん、そこに気づかれずに行ける 最短ルートを教えてくれでゲス」クレーターの周囲で、竜たちの鳴き声が上がる