スロット エウレカ2 設定示唆

スロット エウレカ2 設定示唆

 剣術を習ったことは一度もないが、敵に向かって剣を振り払えば、端末がステータスで身体能力を強化してくれているから、技術は全く必要なかった

あなたも好きかも:スロット アームズ 評価
それほど転生者が端末から与えられる力は強大なのである

 未だに得物に触れず、黙って少年を睨み続ける襲撃者

自分の動きを見切れないのかと思いつつ剣を振り下ろした少年だったが、一撃で魔物を両断してきた彼の斬撃を受け止めたのは彼女の刀ではなく――――――倉庫の床だった

「!?」 斬撃の前にいる筈の襲撃者が、消えていたのである

 砕け散った石畳の床に、月明かりで影が浮かび上がる

剣を振り下ろしたばかりの影と――――――背後に立つ、紳士のような恰好の影だ

 地面の影のおかげで襲撃者が背後に回り込んだことを知った少年は、すぐに剣を振り回して背中を切り刻んでやろうとしたが――――――剣を振り払う最中に、ぐらり、と身体が傾いたような気がした

 左側の肋骨の辺りから胸の右側へとかけて刻まれた、激痛の線

あなたも好きかも:茨木市 スロット
その線の中から溢れ出してきたのは、暖かくて鉄の臭いがする、真っ赤な液体であった

「え―――――――」 転ばないようにしようとしているというのに、足は全く動かない

そのまま転倒している最中のような感覚と激痛を感じ続けていた少年は、地面へと身体が落下していく最中に、既に襲撃者の斬撃は自分に叩き込まれていたのだという事を理解した

あなたも好きかも:スロット 7/7
 背後を振り向く途中に、腰を捩った体勢のまま屹立する下半身は自分の物だろう

 床の上に崩れ落ち、まだ立ったままになっている自分の下半身を見上げた彼は、先ほどの攻撃を空振りしたと同時にあの襲撃者に斬られ、真っ二つにされていたという事を理解しながら、目を瞑って絶命した