開発中 スロット

開発中 スロット

「エルフの里に向かうなら、十分気をつけることだ

私達はさすがにあの森には詳しくない」「ご忠告感謝します、ジードさん

皆さんもお気をつけて」 朝食を済ませると、またの再会を約束し、サッパリとジード達と別れ、リヴェルドと共に、徒歩で小一時間ほどで迷いの森へと到着した

「懐かしいな、この森……」「そうだね、兄さん」「そういえば二人は奴隷の刻印は?」「向こうにいる闇の魔術師に解いてもらった」「とても良い方々なんです

あなたも好きかも:パチンコ usa敦賀
事が落ち着いたら紹介しますね」「ありがとう」「でも、問題はその刻印ですよね」 リヴェルドについている奴隷の刻印が迷いの森からエルフの里へと向かわせていないなら、同伴する自分達にも影響が出るのではと懸念する

あなたも好きかも:スロットマシン 時計
「いっそ、解いちまえばいいんじゃないか?」「僕が?」 フィンの提案に、指を差しながら驚く

あなたも好きかも:リラックマ スロット 万枚
「ザドゥもルインもいるんだ、どうとでもなるだろ」「まあ確かに……」 奴隷の刻印、しかも南大陸の人間のものなら、強力な闇魔法での縛りだろうが、精霊の補助の元なら可能かもしれない

「でも下手に手を出して、トラップが発生するかも……」「それは問題なかったな

あの闇の魔術師に解いてもらったが、そんなことはなかったぞ」「はい」 アルビオは少しは警戒しなよと、リリアに心の中でツッコむ

 亜人種を嫌うヴァルハイツが、解除した際のトラップを怠るとは考えにくいが、アミダエルの奴隷だったことが影響しているのかと考える

 下手に実験台に使う身体に悪影響を与えないためだろうか

「わかりました

解けないに越したこともないですからね」 正直、魔法使いとしての研鑽(けんさん)をあまり積んでいないアルビオだが、アンバーガーデンでの特訓の成果を見せたいところ