えびす バカラ

えびす バカラ

ゲオルギーネ様の助言なのでしょう

つまり、ゲオルギーネ様は本当にディートリンデ様を次期ツェントにするおつもりのようです

 アーレンスバッハの魔力が少なくて困窮している現状でディートリンデ様を諌めるのではなく、次期ツェントに後押しをするゲオルギーネ様の真意がつかめず、何とも不安な気分になってきました

あなたも好きかも:ルパン 評価 スロット
「ディートリンデ様が次期ツェントを目指すのは理解いたしましたけれど、アーレンスバッハの礎に注ぐ魔力はどうなさるのですか?」「お母様に一度アウブとなっていただいて、一年の期限が来て、仮にグルトリスハイトが見つかっていなければ、わたくしが礎を染めるという提案をしたのですけれど、お母様からはアウブ・アーレンスバッハにはなりたくないとお断りされてしまいました」 残念ですこと、とディートリンデ様は溜息を吐いていますが、それは当たり前のことです

あなたも好きかも:マイティー・ドラゴン
ディートリンデ様は御自身のお母様なので実感していないのかもしれませんが、エーレンフェスト出身のゲオルギーネ様がアウブ・アーレンスバッハになるなど、賛同する貴族はいないでしょう

あなたも好きかも:グラブル カジノ コイン集め
「仕方がないので、完全に染め変えることのないように供給の間から注ぐことにしました

レティーツィアにも手伝ってもらうつもりです」 ディートリンデ様の言葉に皆が驚き、目を見張りました

「レティーツィア様はまだ貴族院に入学されていませんよ?」「あら? エーレンフェストでは洗礼式を終えた領主候補生は魔力供給の練習をさせられているそうよ

ですから、あの子にできないはずがありません」 ひどく冷たい顔でレティーツィア様のお部屋がある方向を見つめてそう言います

「次期アウブはわたくしですから」と歯牙にもかけなかった頃とは全く顔つきが違うことに、背筋が震えました

「レティーツィアは王やお父様から次期アウブに、と望まれているくらいですもの

そのくらいはできるでしょう

王が本当にアウブ・アーレンスバッハを継がせたいのはレティーツィアで、王命でわたくしは中継ぎのアウブになるのですって

不愉快極まりないわ」 ……あぁ、中継ぎのアウブであることも知らされたのですね

 ディートリンデ様は両親からほとんど顧みられることがなく育ち、父親からはレティーツィア様の、母親からはベネディクタ様の中継ぎとなることを望まれているのです

ディートリンデ様がその地位に相応しいかどうかはともかく、アウブより更に上のツェントに執着する理由もわかります