マックス パチンコ 溝の口

マックス パチンコ 溝の口

 大介はがっくりと頭を落とした

「情けない話やわホンマ……」「そんなことないですよ

……誰も、そこまでのことを考えて付き合ったりしませんからね

あなたも好きかも:埼玉 優良店 スロット
考えられる先輩が、すごいです」「そらなあ、考えてまうぞ? 家の話しとか聞いとったら

あなたも好きかも:明日 横浜 スロット イベント
……流はめちゃすごすぎるわ

あなたも好きかも:パチスロ 戦国嵐
あいつ、喧嘩別れでもしたらどない責任取るつもりやねん」「別れることなんて考えてないんですよ」「せやわな」 笑って答えられ、大介は「あーあ」と、ため息混じりに空を見上げた

「なんや、ついてへんなあ……

もうちょっと、年行って、結婚とか考え出してから会えとったらなあ……」 力なく呟く大介に勝則は少し視線を落としたが、間を置いて顔を上げた

「……でも、気持ちを伝えるくらいなら、アリじゃないですか?」 軽く身を乗り出し提案され、大介は「んー?」と、無気力な返事をして真顔の勝則に目を向けた

「ようは……、矢野さんを、その……、後々のことを考えて、手を出さなければいいってことでしょ? 好きだって伝えるのは、いいんじゃないですか?」「……あのな

……言うてもうたら止まらへんなるやろ」 じっとりと目を据わらせられ、「……

……で、ですよね」と勝則はサッと俯く

 大介は「はあ……」と、何度目かわからないため息を吐いた

「またフラれなしゃーないな

……このまま行ければなぁ思うとったけど、やっぱ、甘いわな……」 がっくりと肩の力を抜く大介に、勝則は間を置いて顔を上げた

「……ボク、矢野さんに事情を話しましょうか?」「あかんあかん

やめとけ」 戸惑い自ら名乗り出られ、大介は真顔で強く首を振った

「こんなことで間に入らんでエエ

気負いするだけや