花の慶次 パチンコ 新台 歌

花の慶次 パチンコ 新台 歌

「いや、彼等は生粋の魔術師だ

自分の環境さえ整っていれば、文句などない

おまけに私がここに来てから、珍しいものや道具をよく持ち込むようになったからな、塔での評判は寧ろ上がるばかりだ」「つまり、快適な住処に、煩い親は外出が多くなってくれて、愉快な玩具をたくさん与えてくれる

魔術師達にとっては、黄金時代ですね」「……ヒルド、私は煩い親か」「付き合い難い同僚に変えましょうか?」「………どちらでも構わない」そして、見ていると階位に関わらない真の序列も見えてくる

グラストと食べ物以外に関しては我関せずのゼノーシュを除けば、この青緑の羽の妖精がリーエンベルクの最高権力者だ

(ディノは、特にリーエンベルクのことには口出ししないみたい?)この魔物は、どうやらネアが構ってあげてさえいれば、リーエンベルクでの扱いは気にならないようだ

リーエンベルクの側でも、敬い過ぎることもなく、利用もせず、とても秀逸な関係性を築いている

「ネア、海老……」「くれなくても大丈夫ですよ

あなたも好きかも:バカラ 安い
バターではしゃいで、パンを食べ過ぎてしまいました」「ご主人様…………」どうやらこの魔物とネアは、食卓での物々交換を常としていたらしい

ネアが好きなものを差し出そうとする魔物と、最初からちょっと揉めた

(食卓で誰かと食べ物のやり取りをするの、好きじゃないのにな……)しかし、しょんぼりした魔物の覇気がなくなってしまったので、最終的には海老を貰う代わりに、比較的どうでもいいポテトを押し付けた

非常に面倒臭いので、それだけで磨耗してしまう

あなたも好きかも:バイオ ハザード リベレーションズ スロット スルー
記憶喪失中に、手のかかる大型犬の育児までしている気分だ

(………一人上手の私が、どうしてこんなことまでしていたのかしら)そう考えて、ネアは首を傾げた

きらきらと、硝子や水晶のオーナメントが窓辺で揺れる