岐阜市 パチンコ グランプリ

岐阜市 パチンコ グランプリ

 だが、それは、あくまでもプロスト一族側からみた理由であって、決して考助やシュレインの事情からではない

 そもそも、考助たちが過去に来る羽目になったのは、水鏡と錫杖の暴走(?)があってのことだ

 いくらそんな状態だったとはいえ、単にプロスト一族を助けるためだけにこの場所と時間を選んだとは思えない

あなたも好きかも:パチンコ 屋 怨念
 というよりも、むしろ錫杖を使っていたシュレインのために、ここに飛んできたのだと考えるほうが自然だ

あなたも好きかも:パチスロ スカイガールズ 評価
 シュレインは、そこまで聞いたところで考助の話を止めた

「ちょっと待つのじゃ

あなたも好きかも:あつ森 パチンコ タイミング
ということは、この錫杖は、吾のためにここに来たというわけかの?」「最初は暴走だと思っていたんだけれどね

どうもいろいろ話を聞いていたら、違う気がしてきたんだよね」 考助もここに飛ばされた当初は錫杖が暴走したために、こんな過去に飛んできたのだと考えていた

 だが、これまでの状況とシュレインからの話を聞いたいまとなっては、むしろ暴走でもなんでもなく、錫杖が選んでここに来たのではないかと思えるようになってきた

 ちなみに、考助とミツキは、無理やりに紛れ込んできたイレギュラーな存在だ

 ただし、考助は錫杖を作った張本人であるため、シュレインと同じ扱いになっているというわけである

「――というわけで、シュレインが本当の『答え』を見つけられないと、元の時代には戻れない・・・・・・と思う」 考助がそう言うと、シュレインは呆れたような視線を錫杖へと向けた

「なんじゃ

ということは、この錫杖は吾のためだけに、これだけ盛大なことをやらかしたというわけかの?」 元の時代では、神々さえ巻き込んでの大騒ぎになっているというのに、これが事故ではないとなれば、とてつもなく迷惑をかけていることになる

「まあ、シュレインのためだけ、というところは微妙だけれどね

おおむね間違っていないと思うよ?」「なんというか・・・・・・いろいろと申し訳なくなって来たんじゃが・・・・・・」 シュレインは、本気で頭を抱えたくなってきていた

 だが、それに対して考助は、首を左右に振った

「いや、別にシュレインのせいというわけじゃないからね? それに、今回の件で無事に戻ることができれば、次からは騒がれなくなる思うよ?」「なんじゃと・・・・・・? というか、次じゃと?」 まだ解決もしていないのに、いまと同じようなことが起こると示唆する考助に、シュレインは思わず顔をひきつらせた

「シュレイン