3のつく日 スロット イベント 神奈川

3のつく日 スロット イベント 神奈川

 このふたつの種族は『北欧神話』が初出です

それを民間伝承と組み合わせて、エルフは森の妖精、ドワーフは大地の妖精として亜人と定義したのがJ.R.R.トールキン氏『指輪物語』です

だから考えなしにエルフとドワーフを出すだけでなく、なぜこの種族がこの世界に存在するのか

そこから考えることが「異世界ファンタジー(ハイファンタジー)」を書くときのポイントとなります

あなたも好きかも:益田 パチンコ屋
 このように「異世界ファンタジー(ハイファンタジー)」では、現代とは異なるモラルが横行しているのです

それを現代の基準で批判しても意味を成しません

 逆に言えば、現代のモラルとは異なる風習・風俗・種族を設定するだけで「異世界ファンタジー(ハイファンタジー)」にすることができます

 命が軽くなる世界において、あえて「命の重さ」を問うのが「異世界ファンタジー(ハイファンタジー)」の様式です

あなたも好きかも:タクティクス オウガ ラン スロット トラウマ
「命の重さ」は一緒に冒険してきた「仲間の死」という形で表されることが多く、次いで「主人公本人の死」となります

あなたも好きかも:グラディエーター パチンコ 初代
最後に 今回は「異世界に現実のモラルは通用しない」ことについて述べました

 現代と異なるところが舞台となる小説には、現代のモラル(ルール)は通用しません

 無理やり当てはめると必ずどこかに綻びが生じます

 通用しないなら、新たにモラルを作ればよいのです

 誰かが作ったモラルに乗っかるだけではオリジナリティーは生まれません

テーマは直接書かない どんな小説にも「テーマ」があります

「テーマ」のない小説はただの文章に過ぎません