パチンコ 009 219 ボーダー

パチンコ 009 219 ボーダー

「お久しぶり

あなたも好きかも:qoo10 ルーレット
おじ様、おば様」「ああ、エミリィちゃんか」 かけられた声に直久と琴音が安堵した顔をする

あなたも好きかも:高砂 スロット ギガゾーン
 エミリィは、こちらの世界に滞在していたために当然ふたりとも交流があり、またエミリィは自力で日本語も習得していた

「ああ、兄さんを紹介してたんだ

あなたも好きかも:スロット 偽物語 倍々チャンス
こちら、私の兄です

今は偉そうに見えるけど、ちょっと前まではナオキにはいーっつも助けられてたんですよ」『おいおい

なんだよ

ナオキのは聞き取れるから分かるけどさ

お前なんか今変なこと言ってねえ?』 直樹の言葉はウィンドウの機能により双方向に翻訳されているが、エミリィの日本語はライルには理解できない

だから妹の表情に不審なものを感じたライルが眉をひそめて尋ねると、エミリィは「そんなことないわよ」と笑って返した

『別に兄さんがお世話になってたって言っただけよ』「で、こっちがジンさん

兄さんの護衛ね

見た目は怖いけど、頼りになる人よ」 続けてのミリィの言葉に、ライルの背後にいた骸骨兵がペコリと頭を下げる

 それには直久も琴音も少しだけビクッとしたが、悪い気配はしないので同じように頭を下げて挨拶をした

ふたりもここしばらくの経験から、随分とそういう存在にも慣れてしまっていたのだ