ベルセルク スロット 朝一

ベルセルク スロット 朝一

 ライの言葉を聞いたアポロンは爽やかな笑顔で続ける

けど、これを君達に向けて放り投げる訳じゃない

折角創ったんだからね」「へえ

じゃあどうするんだ?」「僕は弓術にも長けていてね

あなたも好きかも:スロット 1確とは
この太陽から矢を作る事も簡単に出来る」 刹那、小さな太陽に手を翳したアポロンから無数の矢が放たれた

 太陽の輝きを纏って放たれた矢は真っ直ぐライに進み、ライは軽く逸ってそれを躱《かわ》す

「それ、弓術関係あるか?」 躱すと同時にアポロンを見やり、小首を傾げて訪ねる

瞬間的に無数の矢が迫るが拳を振り上げた風圧で消し去り、その返答を待った

 アポロンは軽く笑って返す

あなたも好きかも:押す番長 パチンコ 新台
「ああ、関係あるさ

僕は太陽神であると同時に、様々な分野を司っている事を知って欲しい

なるべく戦いたくないから、力を小出しにする事で戦わずに降参して欲しいなー

あなたも好きかも:バカラ 歴史
なんて考えたりね」「悪いけど、アンタも知っているだろ? 侵略者は還付無きまでやられるか、目的を達成するまで帰れないってな」「それは太陽を破壊するよりも大変な作業になりそうだね」 誰も居ない荒れ地であるが為に、ライも力を解放する

まだ魔王の力は纏っていないが、先程よりは遥かに強大な力だ

 つまり要するに、音速から第三宇宙速度に引き上げて直進したという事である

「オラァ!」「速いね

大体第三宇宙速度くらいか