パラダイス スロット

パラダイス スロット

それに―――」ルイはコミカルに肩を竦めて、笑った

「さっきのアプリコット様みたいな高慢チキな貴族の方態度の方が、オレはよっぽど慣れているんすよ

つか、オレにとっての高圧的な貴族がオレにとっての当たり前、自然なんすよ」明るい顔でそこまで言った後、ルイの歩みが止まる

比較的お人好しで形成されている、アプリコット、リリィ、アトの3人はそれに付き合って歩みを止めた

 「―――ルイ?」先程からリリィの中では、予想外の反応ばかりするルイに恐る恐る語りかけた

あなたも好きかも:西遊記 スロット ジャンバリ
「わかったあああ!!」と、とてもルイが明るく大きな声を出した

あなたも好きかも:スロット 涼宮ハルヒ 朝一
「ちょっ、ルイ君!父上に聞こえてしまうから」アプリコットが慌てて、ルイの口を抑えてしまう

フガフガとルイはアプリコットから口を抑えられて、漸く落ち着いた

少年は落ち着いたが、やはり鼻呼吸だけでは辛い

「自分で休憩とか言ってたのにスンマセン、モヤモヤの理由が分かって興奮してしまって!」釈明し離しながら、ルイの口元を抑えるアプリコットの右手を掴んで離す

あなたも好きかも:トラッド パチスロ
離す際に、掴んだアプリコットの右手が自然と視界に入り、その手が仮面の下のケロイド程激しくはないが、火傷の痕跡があるのにルイは初めて気がついた

「わかったって私に対して、申し訳ないとか思ったって気持ちの事?」アプリコット自身は右手の火傷の事など、微塵も気にしていない様子でルイから外された右手を戻して、自然に自分の腰に当てていた

ルイは火傷の右手に少しばかり気を取られたが、漸くわかったモヤモヤの理由も発表したかったのも思い出して、顔を上下に振った

「そうそう、それっす

オレは"アプリコット様と友だち"と言われたから、迷惑をかける事が何か引っかかっていたんすよ」「ルーとりょーしゅ様、友だちだからモヤモヤ?」アトが珍しく顔をしかめ、そして明らかに困ったという表情を浮かべた

その様子にリリィが気がついて、ルイの服の裾を引っ張った

興奮して気がつかなかったがリリィに引っ張られ、ルイもアトの変調に気がついた

アトの様子はカップの持ち方に拘った時の様子と、とてもよく似ていたのだ

(これはアトさんの前で"アプリコットさんと友だちでない"と受け取られような話し方をしたら、絶対一悶着起こる!)アトの言語の理解力がどれほどなのかルイは理解できてはいない