スロットマシン パチスロ 違い

スロットマシン パチスロ 違い

橋田はペコリと反町たちにお辞儀をしてあとを追い掛けた

遅れて大介と勝則も、「よっしゃ行くか!」と一階をくまなく探すため走り出し、残されたのは反町と洋一のみ

あなたも好きかも:パチスロ 麻雀 物語 3 フリーズ
 ――みんながいなくなってしんと静まる舞台の上、二人はしばらく立ち尽くしていたが、洋一は「……ははは」と頬を引き攣らせて笑い、足下に置きっぱなしの優樹の鞄と華音の鞄を持って壁に向かった

「まあ……なんとかなるか

あなたも好きかも:サンダーバード パチンコ 3
とにかく、お化けを引き寄せて、その上で逃げりゃいいんだから

簡単って言えば簡単だよな」 二人の鞄を固めて置き、声を掛けながら反町を振り返ると、あとを追ってきた彼が真後ろにいて、まさかそこにいるとは思わず、驚きビクッと肩を震わせじっとりと目を据わらせた

「……おまえな、怖いからっていちいちあとを付いてくるなっ」 相手が女子ならまだしも、野郎《おとこ》にケツを追い掛けられる趣味はない、と冷たく突き放そうとするが、反町は口を一文字に結んで恨めしそうな上目を向けている

 お化けよりも恐ろしいんじゃ? と思える彼に、洋一は呆れてため息を漏らした

あなたも好きかも:青森コロナ パチンコ
「とにかく……、四人は立花たちに任せて、オレらはお化けをあいつらから遠ざけないと」「……っていうか、なんでオレが狙われンの?」 まだ根暗さが消えない彼に、洋一は「ったくぅ」と目を据わらせた

「いじけるなって

……優樹を見つけ出したら褒めてもらえるかもしれないぞ? 苦手なお化けに立ち向かって、流クン、エラーイ、って」 面倒臭さを滲ませて宥めに掛かると、反町はピクッと表情を変えた

――“ご褒美”に釣られたようだ

 単純な反応を見せる彼に洋一は苦笑し、「……さて」と気を取り直して薄暗い舞台を見回していたが――、ふと、その目を留めた

「……、なあ?」 一点をじっと見つめたまま切り出す無表情な洋一に、反町は「ん?」と首を傾げた

「なに?」「一つ訊くけどさあ、おまえ……このイベントホールの噂って、聞いたことあるか?」「噂? ……どんな?」 怪訝に眉を寄せて耳を傾ける反町を、洋一はゆっくりと振り返った

「……演劇中に、舞台にはいないはずの役者が立っていた、とか」 一気に顔から血の気をなくした反町は硬直して息を止める

恐怖に戦く彼に洋一は取り繕うような笑みを浮かべ、身を乗り出して身振り素振りで続けた