インペリアル ブルー スロット

インペリアル ブルー スロット

研究所の警備兵に近付く二人

その後ろ姿を眺めながら、栗原さんが不安そうに呟きます

「三倉さんは良いと思いますが、愛里ちゃんはいないほうが良いのでは?」不安一杯の表情で研究所に向かう琴平さんはどう考えても演技が出来そうにありません

人を欺くのは苦手そうに見えますからね

ですが、だからこそ意味があるのです

「あれくらいでちょうど良いんですよ

ああいう不安の表情というのは、なかなか演技では出来ませんからね

あなたも好きかも:スロット 設定 変わる
『迷子の強調』という意味では効果的だと思いますよ」陽動作戦を見守る私と栗原さんの視線を受けながら、三倉さんは琴平さんを引き連れて警備兵に接触しました

「あの、すみません…

」いかにも『困っています』と訴えるような表情で警備兵に歩み寄っています

あなたも好きかも:パチンコ 遊技機取扱主任者
「道に迷ったんですけど、教えていただけませんか?」突然現れた三倉さん達を不審に思いながらも、警備兵の一人が対応してくれるようです

「どこに行きたいのですか?」問い掛ける警備兵との会話のきっかけを掴んだ三倉さんは、計画通りに兵士に宿の場所を尋ねました

あなたも好きかも:パチンコ 2000回転 時間
「今晩、『藤(ふじ)』という宿に泊まる予定なんですけど、この近くだと聞いていたのに、なかなかたどり着けなくて…」上目遣いに兵士を見上げる三倉さんの演技力はなかなかのものですよ

やはり可愛らしい女性というのは、その存在自体が保護対象になるのでしょうか

三倉さんの背後では色んな意味で不安と緊張一杯の琴平さんが今にも泣き出しそうな瞳で兵士に視線を向けています

その行動さえも兵士達にとっては救済の対象になるようですね

琴平さん自身にとっては純粋な恐怖であって、失敗出来ないという緊張感の現れなのかもしれませんが

兵士達は琴平さんの表情を見て『本当に迷子』なのだと判断したようです