めぞん一刻 スロット 初代

めぞん一刻 スロット 初代

 面会までの間、わたしは精力的に働いた

 ギルに頼んで、絵本を作るために厚めの紙をマイン工房で漉いてもらい、ルッツを通して購入する約束をする

 それと同時に、孤児院で母の寝物語を朗読して、どれが絵本にしやすいか、子供受けが良いのか、反応を見てみた

しかし、寝物語を聞いた子供達は出てくる単語に対して「何、それ?」と疑問の連続で、話を楽しむには至らず、ヴィルマには街の暮らしがわからないので、絵にはできないと言われてしまった

常識や生活の差は思ったよりも大きいようだ

 さらに、どうやら神殿には動物の擬人化という概念もないようで、七匹のこやぎや桃太郎の話をしても、「どのようにして動物と話をするのでしょうか?」と聞かれてしまっては、わたしが知っている童話を絵本にしてもらうことも難しい

あなたも好きかも:スロット 初めて いくら
 ヴィルマには聖典関係の絵を描いてもらうのが一番のようだ

 ……やっぱり初めての弟妹に贈る、初めての絵本だし、わたしが絵も描こうかな? それから、フーゴとエラがほとんどのレシピを覚えたので、新しい料理人が入ってきた

あなたも好きかも:スロット ゴッドイーター 打ち方
フーゴとあまり変わらない年の男性が、「え?」とか「ちょ!?」とか慌てたような理解不能のような声を上げながら、奮闘している

 助手をするエラが「大丈夫

そのうち慣れるから」と、自分の来た道を思い返しているような表情で言っていた

 そして、面会日当日

午後は約束があるので、図書室に行くこともできず、部屋でフランと一緒に神官長を出迎える作法や好みのお茶について復習して過ごしていた

 すると、約束よりかなり早い時間にドアの外でベルが鳴った