ヱヴァンゲリヲン パチンコ

ヱヴァンゲリヲン パチンコ

確かに十年程会えないわとは言ったけれど、そこまで動揺するとは思わなかったのよ」(………む

これは何と言うか、痴話喧嘩的な……)穏やかにゆったりと笑う女性の声に比べて、ディノの声は静かだが氷雪のように寒々しい

あまり穏やかさを欠くことのない魔物の見慣れない様子に、ネアは、彼女はそれなりに特別な存在なのだろうと推察する

あなたも好きかも:オンラインゲーム 5人
その冷ややかな怒りに女性も気付いたのだろう

けれども彼女は、鈴のように声を鳴らして笑っただけだった

「怒らないで頂戴、ディノ

その背中の後ろに隠したお嬢さんを、あまり困らせてはいけないわ」その時になってネアは、ようやく異質さに気付いた

あなたも好きかも:パチンコ 海物語 甘デジ 新台
今迄の邂逅者達と圧倒的に違う点が一つあるとすれば、それは彼女の呼びかけ方だ

あなたも好きかも:マクロス パチンコ 泣きの一回
ウィリアムやアルテア達ですら呼ばない響きで、この女性はディノのことを呼んでいる

ダリルもそう呼ぶけれど、彼の場合はネアを真似して呼び始めたという経緯があり、エーダリアやヒルドが随分と難色を示していたのは記憶に新しい

(確か、………)敬称も付けない、ただの名前を許すのはとても親密な行為だからと、窘められていたのだ

(ということは、この雰囲気からするに、ほぼ確実にこの方は恋人さん……)元と指していいのかどうか、この会話ではかなり怪しい雰囲気だ

甘い声音に含まれた微かに窘めるような響きの艶やかさに、この魔物の困った趣味も合わせて妙に腑に落ちるところもある

一瞬ここは動揺するべきだろうかと思いかけて、ネアはさして意外に思っていない自分に気付いた

ノアから聞いていた過去の件もあり、一瞥するだけでわかるこの魔物の魅力もあり、このような女性がどれだけいたところで、決して想定外の事件ではないのだ

これだけ力にも美貌にも秀でた生き物が、望まれないわけもないのだけれど

(でも何だろう、もやもやする