ブラックジャック 必勝法 カウンティング

ブラックジャック 必勝法 カウンティング

 その子供のようなグチャグチャの感情のままに、本音を訴える

「本当は、みんながいなくなって……、寂しかった(・・・・・)

本当は、みんなに生き残って貰って、次の『冒険』を助けて欲しかった……! 本当は本当は本当はっ、助けて欲しいのは、僕のほうだった!! なのに、それをひた隠しにして、嘘ついて見栄張って逃げてっ、本当にごめん! こんなにも、僕は弱かった! 本当は、みんなよりも弱かった!! ……で、でもっ、頑張った! それでも僕は頑張ったから、だからぁあっ――!!」 だから、見返りが欲しい

そう願おうとする僕の本音を聞いたノイは、恐怖と絶望で表情を染めて、怯えながら叫び出す

「こ、これ以上っ、失望させることを言うなぁあっ!! 『異邦人』アイカワカナミ、君は『主人公』だった! そして、これからは『神様』になるんだ! 誰よりも強く、賢く、格好良く! この世全てを『幸せ』にできる『神様』なんだ!! ――《ブラックシフト・オーバーライト》ォ!!」 それはノイの本音か

あなたも好きかも:パチスロ 化物語 倍々チャンス
それとも、彼女が過去に言われた『呪い(ことば)』の繰り返しか

弱い自分(ぼく)を『神様』で上書きしようとする《ブラックシフト・オーバーライト》を広げていく

 僕の作った最悪の魔法が、僕自身に返ってくる

あなたも好きかも:愛知 禁煙 パチンコ
 その自業自得の状況で、黒紫色の暗雲は過去最高に濃く深く黒くなっていった

 ついに、僕の視界全体が■の靄で染まった

 さらに■■■と、頭の中の思考までも暗雲で包まれていく

 このままだと、物理的にも精神的にも、全てが■■■で塗り潰されるだろう

 ■■■■■■■■■■■■■■■■と―― ■で染まっていく中、あえて僕は目を瞑る

「…………」 不安はなく、■■■の中に自ら飛び込んだ

 その先は、真っ暗だった

 ただ、僕の瞼の裏は完全な闇でなく、100層よりも明るかった