キューティーバニー パチンコ

キューティーバニー パチンコ

「操縦フロアに行こうか

皆に謝らないとな」美射は頷いて、黙って俺の背後に立つ

従いたいらしい

「あのさ、そんなに静々とついてこなくていいんだぞ? いつものお前はどこに行ったんだよ……」「……但馬がまた消えたら嫌だから 私はずっと、但馬を見てる……」「……」しばらく固まってどう言えばいいか考える

あなたも好きかも:スロット 超プレミア
「えっとな、簡単には消えないし 消えても必ず戻ってくるから安心しとけ」確証は無いが、そう言うしかないし、俺自身も当然だが消えたくはないし……

そう願うしかない

美射は感極まった顔でまた泣きそうになってそしてグッと堪えると深く頷いた

エレベーターに乗って、操縦フロアへと向かう

あなたも好きかも:パチンコ 辛い 台
扉が開くと、擬態しているエパータム、精神体のシュエ含めて全員が球体のある中央部に揃っていた

山口が微笑みながら手招きしてくる

美射と揃って近寄っていくと「今回はどれくらいかかるか、皆と賭けていたんだ

 誰が当たったと思う?」皆が真剣な顔で俺を見てくるので苦笑いしながら「シュエさんかマクロボスじゃないか?」知能と勘が鋭い二人なら分かる

山口が太い筋肉質な首を横に振り「外れだ

あなたも好きかも:パチンコ ベニス天五
あとチャンスは一回だな」残りは山口、タズマエ、ディヌズマにエパータムとミシカそして銀海老にマーシーである

美射は当然賭けなんてしている余裕は無かったはずだ

しかし大所帯になったなぁと……見回して「……じゃあ、エパータムとかか?」「ざーんねん、私じゃないよっ」エパータムは舌を出して、山口の背後に隠れた

「ああ、銀海老だったか……」失敗したなぁと頭をかくと山口は「勝手に解答権を付け加えた挙句に、思いっきり 間違ってるぞ」「違ったのか……?」腕を組んで俺を見下ろしているタズマエが「おい、我が主は俺を阿呆か何かだと 思い込んでいるようだな」肩を軽く揺らして笑いながら言ってくる

「お前か

どうやって当てたんだ?」「勘だ