ガンツ パチンコ 保留 色

ガンツ パチンコ 保留 色

「どうすればいいの?」「簡単じゃ

起こしてこい」「わかった」「えっ!? アイシア!」 お爺さんの言葉にあっさりと従うアイシアは、止める間もなく、ピューとドラゴンの元へ

 恐れ知らずにもほどがある

 俺とリュッカも心配で、駆け寄ろうとするが、お爺さんに止められる

ドラゴンのみならず、寝ておるところを起こされるのは、良くはなかろう」「いや、そうだろうから止めに……」 ドラゴンは確かに普通の魔物とは違う

 賢く、誇り高い魔物であるが、中々人に懐かないでも有名

 確かにアイシアはポチを始め、レオンやヤキンのドラゴンにも懐かれていた

あなたも好きかも:パチンコ ブラックラグーン3 保留
 とはいえ初対面の、しかも眠っているところを起こされるのは、さすがのアイシアと言えどタダでは済まない気がする

 だがお爺さんは、真剣な眼差しでアイシアを見ている

「まあ見ておれ」 アイシアは一匹のドラゴンに話しかける

あなたも好きかも:鶴瀬 駅前 パチンコ
「ドラゴンちゃん

起きて」 その呼びかけにあっさりと目を覚ます一匹のドラゴン

あなたも好きかも:スロット キング データ
 アイシアを見るや顔を顰(しか)め、アイシアに向かって叫び出す

「――グオオオオーーッ!!」 アイシアはその吐息に当てられ、後ろへと可愛らしくコロコロと転がると、「――あてっ!?」 後ろの岩に頭をぶつけた

「アイシア!? ほら、言わんこっちやない……」 駆けつけようとした時、そのドラゴンが目を丸くしてアイシアをジッと見つめ始める

「グルル……」「ごめんね、急に起こして

でも、貴方の力が必要だから――って、きゃあ!?」「グルル……」 側に寄ったアイシアに頬ずりを始めたではないか

 この光景には、悪態をつくカミュラも呆気にとられる

「嘘……」 すると、先程の叫び声の影響か、他のドラゴンも最初こそ機嫌を損ねたように起きるが、「――きゃははっ! くすぐったいってばぁ! きゃあ!」 あっという間にドラゴン達に囲まれ、最初に起こしたドラゴンの背中へと乗せられた