パチンコ 席 取られた

パチンコ 席 取られた

一時間後の午前10時30分になると、西側の軽砲と騎砲兵諸中隊が前進し始め、最終的には要塞から1.5キロとなる北側の一軒農家まで進み砲撃を加えます

モンメディ部落と要塞 要塞の砲兵はトネルの南高地に布陣する重砲砲列に対してのみ応射し、他には砲撃を行いませんでした

あなたも好きかも:zento パチンコ
 要塞内で火災が発生するのを確認したホーヘンローエ将軍は午前11時に砲撃を中止させ、トネルの村長を要塞に送って開城を勧告させます

 これは接近した普軍軍使に対し要塞から激しい銃撃が加えられ、要塞からは「例え軍使であってもこれを射殺する」との声が挙がったための処置です

 しかし、刻限を過ぎても村長は要塞から戻らず、ホーヘンローエ将軍は再び砲撃を命じましたが、再開約一時間後、再び砲撃中止を命じました

これは以前もトゥールやベルダンで呟かれた「野砲ではこれ以上の損害を与えることが出来ない」という「常識的」判断によるもので、午後も日が傾き始めたことでホーヘンローエ将軍は要塞攻略を断念し、支隊は隊列を組むと、ムーゾンに向けて去って行ったのでした

あなたも好きかも:きくり パチンコ 突入率
 この日の夜ムーゾンに至ったホーヘンローエ将軍は、下士官兵2名の戦死、同2名の負傷、馬匹6頭の損失、各種榴弾3,812発の消費を報告しています

9月の砲撃被災後のモンメディ◇9月5日 5日

グスタフ・フォン・アルヴェンスレーヴェン大将の第4軍団はヴォンドゥレスに達し、ゲオルグ・ザクセン王子の第12「S」軍団はラ・ブサス(セダン城の南16キロ)に、近衛軍団とアルベルト王太子の本営はムーゾンにありました

 マース軍麾下となったばかりの騎兵第6師団はこの日、シャトー=ポルシアン(ルテルの西北西9キロ)に達しますが、ランへの進撃を命じられていたメクレンブルク=シュヴェリーン親王ヴィルヘルム中将は、驃騎兵第16「シュレースヴィヒ=ホルシュタイン」連隊の一部を斥候隊としてラン方面へ送りました

 この斥候隊はエップ(ランの東8キロ)付近で仏軍歩兵と邂逅しますが大事に至る前に撤退、シャトー=ポルシアンへ引き上げた斥候隊は「ラン付近にかなりの兵力(仏第13軍団のドゥ・モーユイ師団)が野営中」と報告しています

 ◇9月6日 騎兵第6師団はこの日本隊をシャトー=ポルシアンに留めて休息させますが、早朝、槍騎兵第15「シュレースヴィヒ=ホルシュタイン」連隊の強力な斥候隊をラン方面へ送り出します

この斥候隊は「ランに敵の大兵力が集中」と報告し、続いて「敵は鉄道を利用し西へ向けて退却中」と報じて来ました

 斥候隊からは1個小隊が市内へ侵入し、これに対してラン市の守備隊は城門を閉ざし普軍槍騎兵を「袋の鼠」としますが、槍騎兵小隊は猛烈な銃撃を冒して脱出を試み、3名の負傷者を残しただけで逃走に成功しています

彼らは「ラン市内の防御は護国軍部隊が行っており、要塞には重カノン砲20門が存在」という貴重な報告をするのです