サッカー パチスロ

サッカー パチスロ

 私の本質は魔術師でも暗殺者でもない、ただの採取スキーでしかないんだけどなぁ

あなたも好きかも:スロット 押忍番長a
 あー、最近山に行ってないなー

日光草の移植は採取って言わないんだよなー

 アーサ宅に着いてからサリーをベッドに寝かす

もうドロシーやシェミー、レックスも帰宅していて、夕食の準備が始まっていた

「えと、あの大きな音は、私とサリーが壁を倒した音でした! ご心配お掛けして申し訳ありません!」 と、まずは平謝り

ナーバスな時期だから、もう少し気遣ってもよかったかな……

 夕食は鳥のスープ、麦がゆの残り(もの凄く大量に作ってあったらしい)、カラフルな野菜炒め、小魚の唐揚げ、カボチャプディング

「このっ、カボチャプディングが!」 カレンとシェミーは色々なカボチャプディングを食べ歩いているそうで、その中でもアーサお婆ちゃんの物が一番だという

あなたも好きかも:大阪府 パチンコ 周年
 私も、それには同感! 食事中の話題として相応しいかどうかはわからないけど、直近の予定を話しておくことにした

「明日から四~五日、ちょっと王都に行ってきます」「え、そうなのかい?」「聞いてないわよ!」「そう、お土産を期待しているわ」 何をしにいくんだ、ということは一切聞かれないのが面白い

 食事の後、アーサお婆ちゃんが念願の絹布を持ってきた

「そうね、これはすごい絹ね」 生成りだったけれど光沢がすごい

「割と厚めですか? これは」「そうね

初めての素材だったから、きっと糸を太めに撚ったのね」 出来上がりの大きさは一メトル四方

質感はどこかで見たことが……

あれっ、もしかして、グラスアバターに着せた絹って、これが素材なのかな……?「お嬢ちゃん、これ、何か作るのかい?」 シェミーが興味深そうに訊いてくる