スロット グレンラガン 評価

スロット グレンラガン 評価

そうじゃなければ理屈が合わない

『……御(・)主も魔法(『追憶の世界』)を使えている以上、一回は受けたことがあるはずだ』……つまり、あの『試練』の作成者はクロルマ?『《原型》は継承の産物だが、世界に試練という仕組みを産み落としたのは私達だ』……色々含みはあるだろうし、突っ込みどころも大量にある

でも、そんなことはアリスが私より優秀な頭で幾らでも考えてくれる

だから、私のやることは首尾一貫変わってない

「ほう?じゃあ報酬に次の魔法でもくれるってこと?」もし『試練』という言葉が本当ならその『試練』とやらの達成報酬として魔法が使えるようになるということである

『渾然の夢狭間《セレスティアル・コメット》』……どころか『叡知の図書(グリモワール)』もまだ完璧に使いこなせてない気がするのにこれ以上魔法が増えても困る感はあるけれど、あって困ることはないはず

そんな(浅はかな)思考で訊いてみる

『ああ、授けよう』

あなたも好きかも:デビルメイクライ パチンコ 評価
城の魔術訓練場に到着すると、ダームエルとブリギッテの二人は反対側で訓練するように言われ、わたしは神官長と向き直る

魔術特訓の始まりだ

「では、前回の復習として、大きさを変えてみなさい

あなたも好きかも:神立 パチンコ 求人
割れるようなところを想像しないように気を付けなさい」「はい」 わたしは飾りから魔石を取り出して、落とさないように手で握った

あなたも好きかも:アルドノアゼロ スロット ピーワールド
風船ではなく、ボーリングの玉のように丈夫な物を思い浮かべつつ、大きさを変えていく

すぐに「よろしい」という合格の声が降ってきた

「次は、形を固定する練習をする

思い浮かべた大きさまで魔力を流したら、そこで止める

自分の意思で魔力を止めるだけだから、君にはそれほど難しくなかろう」 神具への奉納でも、自分の意思で魔力を流したり、止めたりしているので、神官長の言う通り、それほど難しくはなかった

ピンポン玉から大玉転がしの玉まで自在に大きさが変えられるようになったところで、「いいだろう」と神官長の声がした

「それでは、形を変える訓練に入る」 丸い魔石を三角錐にしてみたり、直方体にしてみたり、ウニのようなとげとげにしてみたり、本の形にしてみたり、ペンの形にしてみたりと魔石の形を変えていく