小手指 スロット 館

小手指 スロット 館

くっ、くそぉ……何か、とてつもなく重いものを押し付けられた感じしかしない

「ちょっと寝たら?」ドルナジャがミラムーンに向かってそう言うと「……もうちょっと楽しいこの夢の中に居たいので 寝ません!起きたらまた勉強の日々ですから」ミラムーンは少なくとも俺たちのことは気に言ってくれたようだ

ドルナジャは意味ありげに「大丈夫よ

あなたも好きかも:dq11 攻略 カジノ 3ds
たぶん、とても、とても長い夢になるから」と俺の胸元で呟いた

……お前の言葉も無駄に重いわ!!いい加減にしろや!!ちっとは責任がある俺に気を使え!と心の中で号泣する

あなたも好きかも:ブックメーカー bet365
「この夢の世界は、剣と魔法が強いのよー

 あなたたちの世界では弱ってた竜も強いし 殆ど絶滅しかかってた幽鬼も大種族になってるのよー」ドルナジャが雑でかつ無責任に、今のアグラニウスの状況を説明していく

「へぇー私はやる時間ないけど ゲームみたいな世界なんですね

あなたも好きかも:パチスロ 台
 竜って、私たちの世界だと、大きすぎたら特別害獣指定されて 駆除されるだけですから」俺は冷や冷やしながら聞いている

「人間が弱いから、今や山脈のような竜もいるわよ? この間、会ってきたばかりですよー

 ね?ゲスナルド」ね?……じゃねぇええええええ!俺に話を振らないでくれええええええ!心の中で号泣しながら「……そ、そうでゲスな

 砂漠で会ったでゲスよ……」「見てみたいなぁ

どうせ夢だから 私、襲われて死んでも大丈夫ですよね?」「そうよ!だから、思いっきり私たちとの旅を 楽しみましょう! どうせ夢だからいつか覚めるわ!」ドルナジャが奇跡的に上手い締め方をした

「……一緒に行ってもいいんですか?」「も、もちろんでゲスよ

 俺の娘にも会わせたいでゲス」バーシャは多分、この子のことを気に入るだろう

「よし決まりね!まずはミラムーンちゃんには この世界の言葉を勉強してもらわないとねー?」確かにそうである

たまたま俺とドルナジャが古代語を理解できるので会話が成立しているがこっちの世界で生活するとすれば言葉を習得してもらわないといけない

さっそく、俺とドルナジャはミラムーンに、現代語を教え始める