elona カジノ 景品

elona カジノ 景品

おれはあなたが好きだ

あなたは俺らの為に涙を流し、世話をしてくれて、居場所を作ってくれた」「へ……!?」 まさか、こんなストレートに言われるとは思わんかった…!! 僕の戸惑いにも構わず、グラスは続けた

「身分違いだと分かっている

あなたも好きかも:大垣 パチンコ バイト
あなたは、パスカル様が好きだということも

 それでもおれは…最後まで、諦めたくない

あなたも好きかも:パチンコ kof 甘
だから知っておいて欲しかった、おれの気持ち」「そ……う…」 僕…というか優花は少女漫画を読みながら、『オイオイ、こんなイケメン共に好きって言われたーい!!いやん、選べないわ♡とか言ってみてえー!!』なんて叫んでいた時期があった

 だが実際は…駄目だ、これは…!彼の目が、本気だと伝えてくる

 僕は…グラスの事は好きだけど、男性としてでは無い…から、受け入れる事は出来ない…

 彼の想いをぶった斬る事が…何故かとても苦しくて

気付けば僕は涙を流していた

どうして…?ジスランには、簡単に言えたのに

「ごめん…ね

僕…君の気持ちに、応えられない…」「うん…分かってた

泣かないでくれ

おれは、お嬢様を泣かせたい訳じゃないんだ

 おれは、お嬢様が誰かと結ばれるまで…あなたを想い続ける

だから気が変わったら言ってくれ、おれはいつでもいいから」 彼は跪いたまま手を伸ばし、僕の涙を拭った