7日 パチンコ屋

7日 パチンコ屋

「我は神罰の執行者である!!」「その神を恐れぬものには末代まで天罰が下るであろう!!」アニメとか漫画でたまに見るようなセリフである

どうだろうか

眼下を眺めていると効いたらしい

兵士たちの脱走の速度が増した

ギャーギャー悲鳴をあげながら土砂降り中ゴルスバウ国のある方向へ走っていく

あなたも好きかも:日暮里 スロット 評価
「効き目十分です

あなたも好きかも:まわるピングドラム スロット フリーズ
さあ、クラーゴンさんたちが 到達する前に中央陣地を脅しておきましょう」アルデハイトはゴルスバウ兵たちが恐怖で阿鼻叫喚になっている眼下を一瞥すると、俺を抱えたまま、更に西側へと飛んでいく

さらにテントの多い、その陣地の中央へと向かい、俺は再び空中から叫ぶ

「我は、ロ・ゼルターナ神の化身である!!この地から立ち去れぇ!!」なんか気持ちよくなってきた

調子にのって脅し文句を叫び続ける

「"凶"はここには戻っては来ぬ!!立ちされぇ!!」すると中央にある大きなテントから数人の将官らしき軍人が出てきて、こちらを指差して何かをぎゃあぎゃあ叫んでいることが分かる

あなたも好きかも:アドアーズ オリジナル スロット
「見つかりましたか

叫んでいる内容から推測するに、あれは司令官でしょう」アルデハイト"チッ"と舌打ちすると、そのテントへと急降下していく

「ちょっと待て

戦うの?」「はい