スロットル 軽い

スロットル 軽い

 ともあれ、人間の国支配者の街にある城にてライたち五人は兵士達と相対するのだった

*****「……

あなたも好きかも:セーブ スロット
ゴメンね

あなたも好きかも:戦国コレクション2 パチスロ
貴女とはまだ会えないの……

けど……良かった……あんなに親しそうな仲間たちが出来て……」 そしてライたちが外に居る部屋の中にて、扉を背に使用人──クラルテ・フロマが静謐な瞳から雫を溢す

 やはり何らかの理由はあるらしいが、ライたちにそれを知る由も無かった

「よっと」「「「グッハアアアァァァァッ!」」」 ライの軽い声と共に放たれた一撃で囲んでいた兵士達が吹き飛ばされ、ライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤンの五人は部屋から離れるように駆け出した

「さっきの人、やっぱり話に出ていたクラルテ・フロマか? リヤンに聞いた特徴には当てはまっていたけど……」「多分……そう……

けど……やっぱり何か事情があるみたい……今私とはあまり関わりたくないみたいだし……」「事情ねぇ

まあ、あの反応は普通じゃなかった

急に取り乱したからな

常人なら部屋に他人が侵入して取り乱すのは別に普通だけど、取り乱し方が異常だったな」 既に主力達に報告されているなら気配も何も関係無い

故にライはそれなりの速度で走りながら先程の女性について訊ねていた