トロピカル・アクアリウム

トロピカル・アクアリウム

「もう好きにしてくれ」と言わんばかりに脱力している

あなたも好きかも:北綾瀬 パチンコ イベント
その雰囲気を感じて、優樹は更に目を据わらせた

 和美はそんな二人などお構いなしに大介へと目を向けた

「えーと……それで、昨日のことなんだけど」「あ? お、おお

せやったな

相手の写真、あったか?」「コレね

プリクラだけど」 和美は鞄の中から一枚の写真を取りだして四つん這いになり、少し離れている大介に差し出す

それを受け取った大介と、左右の横に居座る一平と立花は写真に写る顔を見た

あなたも好きかも:長野 県 パチンコ 爆 サイ
「……こいつ、オレたちと同い年か?」 立花が訝しげに問うと、和美は軽く首を振った

「違うよ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 運営 事件
えーと、多分二十歳くらい

年、聞いてないからよく知らない

大学生って言ってた」 生美はお弁当箱を鞄に仕舞いながら、冷静な顔で和美に伺った

「で、そのハタチ男と何をしてストーカーされるようになったの?」「ヤダ

一回ホテルに行っただけよ」 顔をしかめて答える和美に、反町は大きくため息を吐き、優樹は複雑そうに眉を寄せる

「顔、かっこいいでしょ? クラブで声掛けられて、ちょっと踊って、飲んで、そのまま成り行きでラブホ行って」「わかったわかった」 生美は呆れるように止め、片眉を上げた

「で、次に会う約束は?」「全然

約束もしてないし、お互い名前しか言ってなかったんだけど……、何故かそいつ、私のスマホに電話してきたの

どこで調べたんだか……」「そりゃ、眠ってる間とかでも調べようと思えば調べられたんじゃない?」 生美にあっさりと答えられ、「……そっか