パチンコマクロスフロンティア 4

パチンコマクロスフロンティア 4

しかし、シーラに彼を納得させるような言葉は思いつかなかったし、納得させるつもりもなかった

というより、その話を蒸し返したくはなかった

少しばかり、気恥ずかしい

「急ごう

あなたも好きかも:錦糸町 パチンコ パンドラ
時間がない」「……ああ

闘技場までの経路は覚えてる

こっちだ」「エスクたちには?」「あのまま暴れてもらう

そのほうが都合がいい」 セツナは北方区画を軽く振り返ったものの、すぐさま進路に向き直った

あなたも好きかも:パチンコ 確変 潜伏
二階北方区画では、いまだにエスクたちシドニア傭兵団が暴れ回っている

そして、そのおかげで、シーラたちは難なく北部区画を脱出し、東部区画に至ることができたのだ

 北部区画の騒動が二階全体に波及し、二階の警備兵が続々とエスクたちの鎮圧に向けて移動しているらしい

あなたも好きかも:パチンコ 甘 デジ 花 の 慶次
「可哀想に」「なに、全部終わったら、その分上乗せしてやるさ」「金で解決するような問題でもなさそうだがな」「違いない」 セツナが苦笑したのは、エスクたちの心情を慮ったからかもしれない

「ちぃっ、どいつもこいつも雑魚ばかりが!」 エスク=ソーマは、闘技場二階の通路を走り抜けながら、悪態をついた

疲労が出始めている

さっきから戦いっぱなしなのだ

シドニア傭兵団は、超人の集団ではない

猛者ばかりの戦闘集団ではあるが、団長代理のエスクを始め、皆常人に過ぎない

体力には限界があり、戦えば戦うほど、限界値に近づいていく