パチンコ 設定付き 釘調整

パチンコ 設定付き 釘調整

もし出来るとすれば、それは少しずつ積み重ねて、『みんな一緒』にやるしかないって……

最初から、みんな分かっていたから……、あ、あぁ……、そうだっ

最初から分かってたんだ……、――湖凪さんは(・・・・・)」 いま、やっと自らの『魔法(じんせい)』の答えを得ていく

 ただ、それは自分で解いたのではなく、最初から教えて貰っていたのだと気づく

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 6号機 やめどき
 思い出すのは『元の世界』の幼少期

小学校の放課後

 窓から夕焼けが射し込む教室で、いまと全く同じ話を僕たちはしていた

 その記憶の自分と同じくらいの涙を零して、また僕は謝る

「最初から全部、湖凪さんが教えてくれてたことだった……

なのに、なんでだろう……

ごめん、本当にごめん……

あなたも好きかも:ギアバースト スロット
湖凪さんの『みんな一緒』を、僕は最後まで信じ切れなかった……! 大切な幼馴染の名前だけじゃなくて、遺してくれたものさえも! 僕は『なかったこと』にしようとしていた……!!」 他でもない僕が失敗した『魔法(まほう)』による希望が――いや、僕の大切な幼馴染である湖凪さんとの『本物の糸』が、大切な『魔法(じんせい)』の答えを最初に教えてくれていた

あなたも好きかも:パチスロ ギルティ クラウン
 その最大の間違いを認めたとき、ずっと頭の中にかかっていた暗雲が晴れた気がした

 体内に這入(はい)り込んでいた黒い泥も、一緒に消えていく気がした

 そして、『黒い糸』を通して、安堵の振動(こえ)が―― ――『ああ、そういうことだったんだ