化物語 スロット リセット 判別

化物語 スロット リセット 判別

わたしの前に青と黄土色のマントがはためき、二人のマントを目印に、わたしは騎獣を運転していく

 どんよりと重たそうな灰色の空から白の雪がこちらにどんどんと向かってくる

視界は白一色でどの方向からも雪が飛んでくるように見えて、風向きも定かではない

「ローゼマイン様、少し右へ向かってください

そろそろ城です」 助手席に座っているブリギッテのナビゲートもあるため、わたしは神官長とダームエルを見失うことなく、城へと着くことができた

あなたも好きかも:フェニックスプラザ摩耶 パチンコ
 神官長がオルドナンツを飛ばし、ノルベルトがすぐさま扉を開けてくれる

「エラ、ロジーナすぐに降りてください

我々はこのまま騎士団の方へと向かいます」 ブリギッテの言葉に大きく頷いたエラとロジーナが、ノルベルトの開けてくれた扉へと駆けこんで行った

あなたも好きかも:バカラ ペアグラス 人気
扉が閉まったのを確認して、神官長の騎獣がまた動き始める

「騎士団の訓練場へと向かいましょう

あなたも好きかも:テラフォーマーズ パチスロ ミッシェル
すでに揃っているはずです」 ブリギッテの言葉に頷いて、わたしは神官長の騎獣を追いかけた

 騎士団が訓練を行う訓練場は複数あり、どれもこれも広い

騎獣に乗って戦う練習もするのだから、当然だろう

 しかし、今のわたしには建物も白で、周囲の雪も白なので、今はどこからどこまでが訓練場なのか、全く判別できない

 その訓練場に神官長の騎獣が飛び込んでいく

ダームエルが扉の前で待ってくれているので、わたしが先に入った

 冬の主は最低限の護衛騎士を残し、総力を挙げて狩らなければならない魔獣だというのは誇張でも何でもないようで、訓練場の中にはすでに騎士団がずらりと揃っていた

 エーレンフェストに常駐している騎士は五十名ほどだと聞いているが、今日は地方を守っている騎士も集合しているため、ざっと見回しただけでも二百五十人くらいはいると思う

「待たせた」 神官長の言葉にざっと全員が跪いた