スロット インフィニットストラトス やめどき

スロット インフィニットストラトス やめどき

 登山で疲れていたのもあり、途上に憩(いこ)える場所があると知って思わず食いつく

屈み込んで少女と目線の高さを合わせた

あなたも好きかも:まどマギ スロット ティロフィナーレ
 少女は深くうなずく

 道の一方を指差した

 その方向を改めて見ると、道先に小さな光が灯っている

よく目を凝らせば、それが一軒の屋敷の物であると判った

 タガネは小首を傾げる

 ――はて、館なんてあったか? そんな疑心が湧いて

 しかし、少女がタガネの手を引いた

「ほら、早くはやく!」「お、おう」 少女に手を引かれるまま

あなたも好きかも:愛知県 パチンコ イベント 本日
 タガネは館の灯に導かれて歩いた

「おはよー……ライ、エマ、ドレイクさん」「おはよう……二人と一匹……」「……

……おはよう……」「お早う御座います、皆さん

今朝も植物は元気でした♪」 ライたちが拠点に戻ると、レイ、フォンセ、リヤン、ニュンフェが挨拶を交わした

 レイたち三人は寝起きのようだが、ニュンフェは既に起きていたようだ

エルフ族であるが故、毎朝の植物の世話は他国だとしても外せない習慣なのだろう

「ああ、おはよう

四人とも」「ふふ、何時も言っているが、良い朝だな」『よく眠れたようだ

昨日の今日、何も問題は無かったな』 挨拶する四人に対し、ライ、エマ、ドレイクの二人と一匹も返す