相模原 麻溝台 パチンコ

相模原 麻溝台 パチンコ

露天風呂でも無い限りは……」「うん、良いんじゃない♪」「……? ……あ、そっか……」 レイの姿を確認したエマ、フォンセ、キュリテはレイの言葉に賛同した

あなたも好きかも:g1 パチンコ 甘
 レイは日差し云々(うんぬん)の事がよく分かっていないので"?"を浮かべていたが、閉められているカーテンを確認して何の事か理解した様子だ

 そしてライ、レイ、リヤンとエマ、フォンセ、キュリテは浴場へ向かう

***** ──時を少し遡《さかのぼ》り、"ラマーディ・アルド"・支配者の建物

あなたも好きかも:真花の慶次 パチンコ 319
「……そうだ

オイ、今アイツらは何やっているんだ?」「……?」 唐突に、シヴァが側近へ向けて尋ねた

あなたも好きかも:レトロ パチンコ ゲーセン
側近は怪訝そうな表情をする

 此処は依然として寒く薄暗い建物

しかし、今回はその部屋に明かりが点いていた

 そして既に破壊された箇所は修正してあり、風が外から入って来る様子も無く中々に快適な空間へと化している

 そんな場所に居るシヴァが尋ねた事は"アイツら"──つまり侵略者であるライたち六人の事だろう

「……と、申しますと?」 そんなシヴァの言葉に返すのは側近兼任で侍女をやっている者

 取り敢えずシヴァの相談係やその他の役割を担っているのだろう

「ああ、アイツらはテメェの事を知らないんだよ

ウラヌスにズハルとオターレドは自然と戦いの最中に自己紹介したが、テメェはまだだったろ?」「ええ、確かにそうですね……」「まあ、て事だ

取り敢えず休戦中だし、自己紹介くらいしても良いだろ」 シヴァが話したのはその側近の名

つまりライたちに接触して名だけでも教えておくのはどうだ? 的な事である

 名前を教えたところで特に問題も無いのだ

「分かりました