ゼニスコート グラン スロット 伊丹

ゼニスコート グラン スロット 伊丹

「あの、賢者さま」「ん?何だい?」「では、グランドールさまとエリファスさんは結婚を何時なさるんですか?」「いやいやいやいや、リリィ

確かにグランドールとエリファスさんが結婚する可能性が、全くゼロの訳ではないけれど、あの2人は今は多分別れて、恋人を止めてるからね?」ウサギの賢者のこの言葉に、リリィは大層驚いた

「ええ?!恋人って別れたりするんですか?!」(そ う き た か!)リリィのこの台詞(せりふ)に、ウサギの賢者の方も大いに驚き、柔らかくフワフワの肉球付きの手を狭い自分の眉間に当て、秘書から与えられた驚きの衝撃に耐えた

「私、恋人同士って絶対結婚する前の人達かと思ってました

違うんですね、別れたりするんですね」「う~ん、強(あなが)ち間違っているわけじゃないけれど~」しみじみとリリィが言うのを、ウサギの賢者は何とも言えない感じで受け応えた

「しかしどうしてリリィは、恋人は"絶対"結婚するもんだと考えていたんだい?」ふと湧いた疑問を、リリィに尋ねた

「はい、前に買い物に行った時にパン屋のバロータお爺ちゃんやマーガレット姉さんが一緒に忙しそうに、何かを作ってたんです」おじいちゃんとマーガレット姉さんが、一緒に何かを作ってるのが珍しくて、どうして一緒にやっているの?と聞いたら『パン屋もお菓子屋も贔屓にしてくれていた客が、恋人と結婚するから結婚式に出す料理の一部を任されたから、一緒に品物を作っている』って教えてくれたんです」リリィが素直に答えるのを聞くと、ウサギの賢者は得心が出来たように深く頷いた

「成る程、だから"恋人イコール結婚"とリリィは思っていたわけだ」一番最初に聞いた話がそういった話なら、恋人という人達は皆、結婚していくものだと子どもなら信じていても仕方ない

あなたも好きかも:小杉 パチンコ バイト
「賢者さま、聞いてもいいですか?」今度はリリィが、珍しく小さな声で尋ねてきた

あなたも好きかも:リゼロ スロット 死に戻り演出
ウサギの賢者からしてみれば、リリィにしてみたから弱気な感じをだしているので珍しい

だがこう言った声の時は、リリィが真剣に悩んでいる時の『合図』でもある

「何だい?答えられる事なら、答えよう」リリィに改まって質問される時、ウサギの賢者は決まってこの文句を吐く

あなたも好きかも:オンラインゲーム 開発費
これは賢者が『真面目』応える徴(しるし)

それがわかっているリリィは、慎重に質問を投げかけた

「恋人って別れたら、どういう関係になるんですか?