パチンコ 鹿屋 営業時間

パチンコ 鹿屋 営業時間

輪を掛けて暗い反町に、テーブルを挟んだ向かい側で課題を進める洋一はじっとりと目を据わらせた

「おまえの方が悲惨だぁ? っざけんなっつーの

あなたも好きかも:パチンコ店 豊見城
オレはまだ一度もやってねーんだからなっ

あなたも好きかも:パチンコ 丸ノ内
今日こそはと思ってたのにっ……優樹のヤツ邪魔しやがってっ」「じゃあなんでそこでおまえも邪魔しなかったんだっ?」 反町は口を尖らせつつ不快げな顔を上げた

「今日は生美と遊ぶって言えばよかったんだろっ」「言ったに決まってンだろっ

なのにメソメソメソメソっ

生美ちゃんと会いたい、とか、生美ちゃんがいい、とか、おまえと生美を勘違いしてんじゃねーかってくらいネチられてみろっ

どうなると思うっ?」「……かわいそうだから折れる」「ばかやろっ

あなたも好きかも:ブラッドプラス 曲 パチスロ
殴ってやろうかってくらいだったから折れたんだよっ」 ぐすん、と半べそを掻く反町をギロッと睨み付けて洋一は更に目を据わらせた

「おまえもおまえだっ

遊ぶの拒否られたからって諦めやがってっ」「……これがどれだけショックわからないだろおまえ」 反町は恨めしさを滲ませながら抱いている膝をギュッと強く引き寄せ縮こまった

「今まで一度もこんな事なかったのに

……絶対会ってたのに

せっかくの休みなのにぃーっ!!」 思いをブチ撒けようと振り絞る、その顔が本当に今にも泣き出しそうで、洋一は、閉じているんじゃないかと思わせるほど目を細めた

 ――昨日のことだ

 夕方、部活が終わった解散時に本日の休部を立花によって強制的に決められた

突然ではあったが、休みになったらなったで嬉しいものだ