織田信奈の野望 パチンコ 199 保留

織田信奈の野望 パチンコ 199 保留

これにて激闘編が終了です

開幕編より大分短く済みましたね

次章は想像通り碧の魔王、そしてレイティスを交えた話になる予定です

あとウルフェ視点も

あなたも好きかも:スロット 関東 グランドオープン
「キース、これって本当にいいのかい?」「いいさ

剥いだアイテムを分けてもおかしくないだろ?」「いや、夢中で防御してただけなんだけど」「反撃もしてたでしょ?」「いいのかなあ」 リック自身の直接的な戦果は確かにそう多くない

 でも間接的には十分にあったと思う

 何しろ前衛で攻撃を受けつつ、戦況をコントロールするのに貢献していたのは確かなのだ

 スラー酒にソーマ酒、魔結晶に魔水晶も相応に受け取ってもおかしくない

「対戦はそんなに大変だったの?」「勿論だよ

盾とかもう少しでロストする所だよ」「受けに徹し過ぎたんじゃない?」「いや、対戦を見てないからそう言えるんだって! 本当に死に戻る寸前だったんだよ?」 いや、死亡判定になってもリザレクションの呪文があった

 実はいつでも使えるよう、準備してあったのです

 リックの立場であれば、そのまま死に戻った方が楽であったかもだが

 それを許すようなオレじゃない

 そもそも、リスクは大きかったけど得た経験値も大きかった筈だ

 聞けば一気に3つ、種族レベルがアップしていたそうな

 いや、最後の対戦分に関して言えば経験値の持ち越しもあるだろう

 もう一戦、いっとくか? 用件があるから言わないし、やらないけどさ