ザブックメーカーズ

ザブックメーカーズ

しかも、俺の予想通りの名称で呼ばれているらしい

 劣勢の中で武器を構えて苦笑していると、エリスさんは武器を握ったまま両手を広げた

あなたも好きかも:福岡県 パチンコ イベント日
頭上の蒼白い光を見上げながら息を吐き、くるりと左手のM1ガーランドを回す

「面白い戦いじゃないの? バネ足ジャックと切り裂きジャック

しかも、どちらも私たちが鍛え上げた〝子供たち”………」「ええ、確かに」 戦う組み合わせは面白いが………こちとら劣勢だ

あなたも好きかも:パチンコ 平和 アムテックス
面白いわけがない

あなたも好きかも:スロット ティナ 年齢
「タクヤ」 どうやって逃げるべきか考えていると、隣でRPK-12を構えていたステラが冷静な声で俺の名前を呼んだ

無意識のうちにグリップを思い切り握っていた手から力を抜きつつ彼女を見下ろすと、ステラは銃口をエリスさんに向けたまま言った

「撤退するべきだと思います

相手の体内の魔力の量から判断すると、私たちの勝率は0%です」 魔力の扱い方に精通しているサキュバスだから、すぐに分かったのだろう

エリスさんの体内には常人を遥かに上回る莫大な魔力があり、それを氷属性の魔術のために使った場合、どれほどの破壊力となって俺たちに牙を剥くのか

 しかも、その氷属性の魔術がなかったとしても、エリスさんはかなり強い

更に俺たちは疲弊している