パチンコ 突入

パチンコ 突入

 そんな心配を滲ませて、洋一は優樹を睨み下ろした

「……けど、その間になんかあったらどうするんだよ?」「奉仕屋のみんなと関わっちゃいけない、って言われたけど、他の人とは良いみたいなの

だから……緊急があったときは、巻き込んで悪いけど、武田さんとか矢野さんに伝言を頼んでもらえれば……」 申し訳なく視線を向けられた立花と大介は、「ったく……」と呆れんばかりのため息を吐くが、口答えはしない

それで了解を得た形に収まり、生美は不安げに視線を落としつつもゆっくりと息を吐き出した

「まだ、それが救いね……

あなたも好きかも:パチンコ tuc
誰とも一切駄目ってことになったら、もう、それこそ土曜まで学園を休まなきゃ無理だろうし」「……、あっ、その手があるかっ!」 生美の呟きに、優樹は少し目を見開いて大きく頷いた

「土曜日まで学園、休んじゃえばいいんだっ!」 ――確かにその手の話は出なかったが

 納得して力む優樹に、勝則は「……はは」と頬を引き攣らせて笑った

あなたも好きかも:花火2 スロット
「そ、それは反則にはならないんですか? ゲームから逃げた、って事で……」「だろうな」 立花も胸の前で腕を組み、深刻そうな吐息を漏らす

「家に逃げ隠れるのはいいと思えねえ

それよりも、オレたちの目の届くところにいろよ」 気遣う視線と共に顎をしゃくられ、優樹が「……え、と?」とためらい首を傾げると、立花はため息を吐いて続けた

あなたも好きかも:2005年 スロット
「授業中はオレらと一緒だからいいとして、昼休みは学食に行けばオレらもそっちで飯にする

誰か一人、おまえから目を離さないようにすればいいんだ」「……でも、完全無視、って言われたんだよ? ……同じように行動して、いいのかな……」 それもそうだ

“見張る”という行動自体、“無視”じゃない

 不安げに視線を落として呟くと、立花は少し分が悪そうに口籠もった

「……じゃあ……どうするのぉ?」 華音が悲しげに眉間にしわを寄せてみんなを見回すが、誰もいい案が浮かばず俯き加減に口を閉ざす

「……優樹、……無視しちゃうのぉ? ……しなくちゃ駄目なのぉ?」 不安げに、今にも泣き出しそうに目を赤くして瞬きの回数を増やす華音に、優樹はにっこりと笑い掛けた