devils never cry パチスロ

devils never cry パチスロ

貴族は貴族らしく生きることを当然と受け入れ、平民は平民らしく生きることを受け入れるしかない

もちろん、例外はある、階級への反発もあるだろう

しかし、そんなことはごくごく一部に過ぎない

 ウェインの人生には関係がない――はずだった

『ウェイン……何度言えばわかる』 セイン=テウロスの言葉は、諦めに似ていた

あなたも好きかも:銚子 パチンコ 口コミ
何度となく耳にした声音

それこそ、嫌になるくらい何度も

『おまえは戦士には向いていない』 七十歳に差し掛かろうかという祖父との剣の訓練で、地べたに這いずらされるたびに聞かされた

あなたも好きかも:矢巾 ぱちんこ
土の味を噛み締めながら、祖父との力量差を思い知らされるのだ

これほど心が折られるようなことはない

 いや、冷静に考えれば当たり前の話なのだ

あなたも好きかも:サムライチャンプルー パチンコ 音量
 セイン=テウロスは当時こそ前線から退き、気楽な隠居生活を満喫していたが、ログナーにおいては泣く子も黙るほど高名な騎士だったのだ