ガオガオ スロット

ガオガオ スロット

あなたも好きかも:がちゃぽん スロット 鹿児島
「しかし、ルガゥの母親がこっちの勢力のボスだとは……」「……あの、今まで気づかなかったのは 忙しくて……」ドルナジャが小声で言い訳してくるが「そこまで期待してなかったからいいでゲス」「うっ、傷ついた……また傷心乙女になった……」「……」そろそろ自分がサカエの顔をしていることを自覚してほしいと思いつつ、宙をまっすぐに浮かんで進み天井付近に浮かんでいる長さ五十メートルほどの隕石のような浮島の上に入っていった女性の後を追い、上陸するとルガゥと他の原人の子供たちが、楽し気に逃げ回るにゃからんてぃを追いかけている

どうやら浮島の上は重力があるようだ

さらにその近くには、旅装姿のミラムーンと軍服のシャツの上にオレンジのロングカーディガンを羽織ったマロンと同じく軍服のシャツの上に虹色の柄のマントを羽織ったバグゥは三人で座ってそれを眺めていた

「あ、ひさし……」と俺が声をかけるよりも早くマロンとバグゥは背中のドルナジャ向けて殺気を放ちながら突進してきた

ドルナジャは蒼い闘気で俺ごと纏ってサカエの姿を自分を、肩車している俺から必死に引きはがそうとしてくるマロンたちに「ドルナジャでーす

色々あって マイカちゃんから、この身体を押し付けられましたー」あっけらかんと説明するが、スッと距離を取ったマロンたちはまったく信じていない眼で「……お師匠様、それ、本当ですか?」「本当でゲス

ドルナジャの体はサカエとの戦いで失って それで仕方なく残ったサカエの体にドルナジャが入っているでゲス

 ちなみに、サカエの精神体は消滅したので もう危険はないでゲスよ」「ね?なので私しか分からない質問をしてもいいわよ? それで、本当だって分かるだろうし」「……分かりましたわ」マロンは、まだ殺気を出しているバグゥを手で制して下がらせた後に、少し考えて「ドルナジャさんのわたし憲法、第七十七条ってなんでしたか?」「あの……答えなきゃダメですか……」いきなり、答えたく無さそうなドルナジャに脱力しつつ「いや、お前が質問していいって言ったんでゲスよ?」「うっ……えっとぉ……但馬のですねぇ……

あなたも好きかも:セブンラックカジノ スロット
 生活を逐一記録する……というのが七十七条です……」「今更恥ずかしがらなくても、お前がヤバいのは よく知ってるでゲス」「……い、いや、これはぁ、こっちの世界にぃ……あなたがぁ 来たあとに付け加えられたものでしてぇ……」完全にしどろもどろになっているドルナジャを無視しつつ「マロンさん、次の質問どうぞ」「えっ……」絶句したドルナジャにマロンは真面目な顔で「ゲスナルドさんの胸元はネールズアハトの匂いだと お伺いしましたが、脇の匂いはなんでしたか?」「……あっ、あの……ローレシアン北部の国の高山に咲く…… トリミリーの花の匂い……で……す」そういう会話をいつの間にか、マロンと交わしていたらしい

あなたも好きかも:富山県 パチンコ イベント
この世界の花についての知識が一切なくて良かった

「……マロンさん、納得いくまで追及を緩めたらダメでゲス」「分かりましたわ

タジマ様とタガグロ様との始めて寝所を 最初に見た後に、どれくらい思い出すたびに泣いていたんでしたっけ?」「……一ワンハー(月)で……す……あの、トラウマを抉らないで……」見なければいいのに、見ていた時期だな……

むしろ、そこまで明け透けにマロンに話しまくっていたことにある意味呆れる

いくら何でも、ノーガード過ぎである

確かに距離の読めなさ、空気の読めなさはこいつの特性だが……

マロンがチラッと俺を見てきたので、頷くと「では、最後の質問ですわ

 ドルナジャさんは、この世界を統べる責任ある上位神ですが 正直、ゲスナルドさんが居れば、この世界なんて 別にどうでもいいと思っていますか?」「うっ……はい……すいません……深く、そう思っています」ドルナジャは蒼い闘気をとうとう消して俺の頭に腕を回して掴まって力なく、へこたれてしまった